創業明治27年の味噌屋 ヤマク食品|味噌通販のヤマク.net

味噌通販のヤマク.net
  • フリーダイヤル0800-111-1518
  • FAX 0800-111-1539
  • 商品一覧
  • ご利用案内
  • 特定商取引法に関する表示
  • カートを見る
  • 商品カテゴリー
  • 甘酒
  • 味噌
  • 豆・惣菜
  • お菓子
  • ギフト
  • 調味料
  • まとめ買い

レシピ

白みそを使った美味しい西京焼きの作り方

西京焼き大豆サラダ写真

●白みそを使った美味しい西京焼きの作り方

■材料(4人分)■
白味噌 200g
酒 大さじ1
みりん 大さじ1
砂糖 小さじ2
鱈の切り身 3~4枚

(1)鱈の切り身は、余分な水分と臭みを取り除くため、塩を軽くふります。30分ほどおいて水分をふき取ります。

(2)味噌床を作ります。調味料をダマがないように全て混ぜ合せ、滑らかな状態にする。平らな保存容器に敷き、鱈の切り身を並べます。その上からさらに残りの味噌床を重ね、切り身の上下にまんべんなく広げる。

(3)冷蔵庫で1日程度漬けこむ。

(4)焼く前は切り身の味噌を、濡れたキッチンペーパーなどでしっかりふき取り、グリルで焼きます。
※焦げやすいので、味噌をしっかりふき取ることが大事です。
※味噌床は2~3回使えますが、出てきた水分を捨てたり、塩分も補充するなどのメンテナンスが大切です。

白みその販売ページはこちら

白みそを使った美味しい大豆サラダの作り方

大豆サラダ大豆サラダ写真

●白みそを使った美味しい大豆サラダの作り方

■材料(4人分)■
大豆水煮 150g
きゅうり 1本
ミニトマト 5個
ちくわ 2本
白味噌 大さじ1
マヨネーズ 大さじ2
こしょう 少々

(1)きゅうりは板ずりして洗い、小口切りにして塩少々をふってもみ、水けを絞る。

(2)ミニトマトとちくわを1cm角くらいに切る

(3)マヨネーズと白みそをよく混ぜ合せる。

(4)(1)(2)に大豆を加え(3)であえてこしょう少々で味をととのえお皿にレタスを敷きその上に盛る。

白みその販売ページはこちら

麦麹みそを使った美味しいトマトとオクラの冷しみそ汁の作り方

トマトとオクラの冷しみそ汁トマトとオクラの冷しみそ汁写真

●麦麹みそを使った美味しいトマトとオクラの冷しみそ汁の作り方

■材料(4人分)■
ミニトマト 10個
オクラ 4本
すりごま(白) 適宜
だし 3カップ
麦麹味噌 大さじ2
塩 少々

(1)ミニトマトはヘタを除いて横半分にきる。オクラは塩を多めにすり込み熱湯にくぐらし水洗いして小口切りにする。

(2)だしを温めてみそを溶き入れ、サッと煮立てて火を止め、鍋底に氷水をあてて冷やす。

(3)椀に(1)を入れ、(2)のみそ汁を注いでごまをかける。

麦みその販売ページはこちら

蔵桜みそを使った美味しい簡単みそチャーハンの作り方

簡単みそチャーハン簡単みそチャーハン写真

●蔵桜みそを使った美味しい簡単みそチャーハンの作り方

■材料(2人分)■
温かいご飯 3カップ
卵 2個
蔵桜みそ 大さじ1
ハム(薄切り) 75g
ニラ 1/2束
こしょう 少々

(1)ボウルに卵を溶きほぐしてみそを混ぜ、さらにご飯を加えてざっと混ぜる。

(2)ハムは5㎜幅に切り、ニラは5㎜幅に刻む。

(3)フライパンを熱してサラダ油大さじ2~3をなじませ、(1)を入れてフライ返しで大きく返しながら炒める。七分どおり火が通ったら、(2)を加えてニラに火が通ったらこしょう少々をふる。

蔵桜の販売ページはこちら

蔵桜みそを使った美味しいごまみそクッキーの作り方

ごまみそクッキーごまみそクッキー写真

●蔵桜みそを使った美味しいごまみそクッキーの作り方

■材料(約40個分)■
バター 50g
砂糖 25g
卵 1個
白ごま 大さじ1
蔵桜みそ 大さじ1
ホットケーキミックス 130g

(1)室温でやわらかくしたバターに砂糖、卵、みそ、ごまをを加えてよく混ぜ合わせます。

(2)ホットケーキミックスを(1)に入れて練りまぜる。

(3)(2)を直径2.5cmぐらいの棒状に伸ばし、5mm幅にスライスして、プレートに並べます。

(4)160℃のオーブントースターで焼き色がつくまで焼きます。

蔵桜の販売ページはこちら

芳寿みそを使った美味しい豚みそギョーザの作り方

豚みそギョーザ豚みそギョーザ写真
ボウルで練り混ぜる
よく混ぜる
ひだを4~5つとりながら包む

●芳寿みそを使った美味しい豚みそギョーザの作り方

■材料(4人分)■
豚ひき肉 200g
しいたけ 3枚
きゃべつ 200g
にら 1束
ギョーザの皮 1袋(30枚)
ごま油
A
┌芳寿みそ 大さじ2~3
│こしょう 少々
│砂糖 小さじ1
└酒・ごま油 各大さじ1

(1)キャベツとにらをみじん切りして塩大さじ1を振りかけて揉み込み、手で絞り水気を切る。

(2)しいたけをみじん切りする。

(3)ボウルに豚ひき肉とAの調味料を加えて練り混ぜ(1)と(2)む加えてよく混ぜる。

(4)(3)で混ぜ合わせた種をギョーザの皮に小さじ1強ずつを目安にのせ、皮の縁に水をぐるりとつけ、ひだを4~5つとりながら包む。

(5)フライパンを熱してごま油大さじ1をなじませ、(4)のギョーザを並べ入れる。熱湯をギョーザが2/3浸るくらい加え、ふたをして強火で蒸し焼きにする。皮が透き通ってきたら湯を捨て、下側に焼き色をつける。さらにごま油少々を入れてカリッとさせ器に盛る。

芳寿みその販売ページはこちら

黒豆みそを使った美味しいかぼちゃと豚肉のみそ汁の作り方

かぼちゃと豚肉のみそ汁かぼちゃと豚肉のみそ汁写真

●黒豆みそを使った美味しいかぼちゃと豚肉のみそ汁の作り方

■材料(4人分)■
かぼちゃ 300g
さやいんげん 12本
豚薄切り肉 100g
だし 4カップ
黒豆みそ 大さじ2

(1)かぼちゃは種とわたをのぞいて大きめの一口大に切る。

(2)さやいんげんは、3㎝長さにポキポキ折りながら、筋があるときは除く。

(3)鍋にだしと(1)のかぼちゃを入れて中火にかけ、煮立ったら火を弱めて5~6分煮、(2)のいんげんと豚肉を入れてやわらかくなるまで煮る。

(4)最後にみそを溶き入れ、軽くひと煮立ちさせて火を止める。
※お好みで最後に七味をかけても美味しいです。

黒豆みその販売ページはこちら

合わせみそを使った美味しいみそ煮込みうどんの作り方

みそ煮込みうどんみそ煮込みうどん写真

●合わせみそを使った美味しいみそ煮込みうどんの作り方

■材料(4人分)■
ゆでうどん 100g
鶏胸肉(皮なし) 20g
ハクサイ 30g
ニンジン 5g
長ネギ 5g
青菜 5g
だし 1カップ

┌ みそ 小さじ1・1/3
└ みりん 小さじ1/2

(1)鶏肉は小さめのそぎ切りにする。

(2)ハクサイは小さめのそぎ切り、ニンジンは小さめの短冊切りにする。

(3)長ネギは小口切りにする。

(4)青菜はゆでて、2センチ長さに切る。

(5)だしで1と2を煮、やわらかくなったら、うどんも加えてAを溶き入れ、4~5分煮る。3と4を加えてさらに煮込む。

御膳みそを使った美味しい焼きみそおにぎりの作り方

焼きみそおにぎり焼きみそおにぎり
ご飯の量はご飯茶碗軽く一杯
●御膳みそを使った美味しい焼きみそおにぎりの作り方
【ごまみそだれ】
米みそ(赤) 大さじ3
砂糖 大さじ1 1/3
酒 大さじ1
白すりごま大さじ2
蒸し焼きにする

(1)ご飯の量はご飯茶碗軽く一杯。ほんの少し硬めにむすぶ

(2)焼き網を充分に熱してからおむすびの両面を焦がさないように焼く。

(3)片面に味噌を塗る

(4)みそを塗ってこんがりと焼き色がついたら出来上がりです。
※焼き網、フライパンでもできます。お茶漬けにするのもいいですよ。

御膳みその販売ページはこちら

芳寿を使った美味しいちゃんちゃん焼きの作り方

ちゃんちゃん焼きちゃんちゃん焼き写真
鍋にみそタレの調味料を合わせ
蒸し焼きにする
●芳寿を使った美味しいちゃんちゃん焼きの作り方
■材料(4人分)■
生鮭切り身 4切れ
キャベツ 1/4~1/2個
玉ねぎ 1/2~1個
もやし 1/2~1袋
人参 1/2個
かぼちゃ 適量
えのき 1袋
しめじ 1パック
アスパラガス 適量
コーン 適量
塩 少々
こしょう 少々
白ごま 適量
サラダ油
バター
赤唐辛子 少々
   
【みそタレ】
芳寿みそ 200g
酒 50cc
みりん 少々
さとう 35g
おろしニンニク 一片

(1)生鮭に酒、塩、こしょうを少々振りかけて下味をつける

(2)野菜を水洗いし、食べやすい大きさに切り水気をしっかり切る

(3)鍋にみそタレの調味料を合わせ、お好みでおろしニンニクを加え弱火にかけ、混ぜ合わせておく

(4)ホットプレートにサラダ油をなじませ、(1)の鮭を置き野菜に敷き詰め、蓋をして中火にて蒸し焼きにする。

(5)全体に火が通れば、みそタレを回しかけバターを加え、鮭と野菜をまぜながらいただく。お好みで白ごま、七味唐辛子をかける。

(6)最後にうどんを入れても美味しいですよ。

芳寿みその販売ページはこちら

  • カタログ&未掲載商品用ご注文フォーム
    カタログの商品やホームページに載っていない商品をご購入の方はこちらからご注文をお願いします。
  • あいの蔵カタログ
ヤマクinformation

おみそを中心に健康的でおいしい食の開発をしています。

  • ヤマク食品株式会社
  • 地元紙でヤマク食品が紹介されました
  • 味噌ができるまで
  • 全国お味噌分布図

ページトップへ